Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY/90's Independent Mix


【90'S Independent Hiphop Mix コメント】


これは懐かしい〜。と、90年代後期〜00年代初頭にかけて、熱心にUSインディ・ヒップホップを追い、12インチを買い漁っていた僕のよう な世代のヘッズは唸るだろう。が、懐かしいだけではない。興味深いというか、そこに本質があるというか、DJ CELORYがスピンするインディ・ヒップホップ――DJ スピナ、ジグマスターズ、モス・デフ、カンパニー・フロウ、ジュラシック5といった有名どころや、Mr.コンプレックスやムード・スウィンガーズといった 知る人ぞ知る連中――は、当時、(パフ・ダディを代表とするような)メインストリームのシーンに反旗を翻し、“ヒップホップの良心”を守ろう とするヘッズのものだった。彼らヘッズが力強く支持し、アーティストと共に活気のあるインディ・シーンを作って、日本のシーンとも連動した。 DJ CELORYもその良い時代を経験しているひとりで、シーンの一翼を担った人物でもあった。それゆえの説得力がこのミックスにあるのが素敵だと思う。(二木信)

CLICK TO RETURN